新規会員登録クーポンのバナー

結婚祝いを郵送で贈るのはマナー違反?!現金を郵送する場合の【現金書留の手順と注意点】

大切な方が結婚したら贈りたいのが「ご祝儀」ですが、手渡しできない場合もありますよね。そこで今回は、ご祝儀を郵送で贈る際のマナーをご紹介。現金書留でご祝儀を送るときの手順や注意点を詳しく解説します。

結婚祝いは郵送する?それとも手渡しがマナー?

ご祝儀(現金)を贈る場合は、必ずしも手渡ししなければいけないわけではありません。 結婚式は行われていないけど祝福の気持ちは伝えたいという方や、遠方で会うのは難しいけれどご祝儀は渡したい方など、さまざまな事情があると思います。 特に最近は、新型コロナウイルスの影響で結婚式を延期や中止にする方も多いはず。 そんなときはご祝儀を郵送してもマナー上は問題ありません。 今回は、ご祝儀を現金書留で送る手順などを詳しくご紹介します。 マナーを守って、大切な方の結婚を気持ちよくお祝いしましょう。

ご祝儀(現金)を郵送する場合

ご祝儀は結婚式場で渡すのが一般的ですが、下記のような場合は郵送で贈っても問題ありません。 ・結婚式に招待されたけど欠席する場合 ・結婚式に招待されていない場合 ・結婚式が開催されない場合 郵送する場合は、適切な時期に届くように手配しましょう。下記で、ご祝儀を送る時期についても詳しく解説します。

ご祝儀を郵送する時期

ここでは、ご祝儀(現金)を郵送する時期の目安を紹介します。 結婚式を欠席する場合には、できるだけ挙式の前にお相手へ届くようにします。 挙式当日の1〜2カ月前か、最低でも1週間前までには届くようにしましょう。 また、結婚式に招待されていない場合は、挙式後に送るようにします。これは、挙式前にご祝儀を送ってしまうと先方が気をつかってしまう場合があるためです。 新婚旅行などから帰宅している時期を目安に、遅くても挙式後2〜3週間以内に送るようにしましょう。 結婚式が開催されない場合は、お相手から結婚報告を受けてから1カ月以内を目安にご祝儀を送りましょう。

現金書留とは?

ご祝儀(現金)を郵送する場合は、「現金書留」を利用します。 現金を送る際に、普通郵便やレターパック、ゆうパックなどを使用すると郵便法違反にあたってしまうので注意して下さい。 現金書留とは、現金を郵送する場合に使用する書留の一種です。 特徴としては、万が一送り先に届かなかった場合のために損害賠償額を指定できる点や、配達状況を把握できる追跡システムを利用できる点が挙げられます。 また現金と一緒に手紙やプレゼントも送りたい場合は、現金書留に同封することができます。 手紙が現金書留専用の封筒に入るサイズなら、そのまま専用封筒に同封してOKです。プレゼントをご祝儀と一緒に送る場合は、それらを梱包した定形外郵便物を現金書留の扱いで送ることが可能となります。

現金書留を贈るときに必要なもの&手順

ここでは、ご祝儀を現金書留で贈るときに必要なものと、その手順をご紹介します。 まずは必要なものを全てそろえて郵便局へ向かいましょう。

現金書留で贈るときに必要なもの

1.折り目のない新札 お祝い事では、折り目やシワがあるお札を贈ることはマナー違反になります。 新札が手元にない場合は、銀行の窓口で手持ちのお札を新札に取り替えてもらったり、銀行内に設置してある両替機でも替えられます。 また、ご家族などに新札がないか尋ねてみるのも良いでしょう。 2.結婚祝い用のご祝儀袋 結婚祝いを現金書留で送る場合は、ご祝儀袋に現金を入れてから、さらに現金書留専用の封筒に入れます。現金をそのまま封筒に入れるのはマナー違反に当たります。 3.メッセージカード 直接手渡しできないことへのお詫びと、お祝いの言葉を書いたメッセージカードも同封すると良いでしょう。 4.現金書留の封筒 1枚あたり21円で、郵便局の窓口で購入できます。コンビニなどでは取り扱いがないため注意が必要です。 時間外でもゆうゆう窓口がある郵便局であれば購入することができます。 5.送料 現金書留を送るのに必要な料金は、封筒代21円に加え、基本の送料+435円となります。 6.印鑑 現金書留に封をしたあとは、指定の箇所に送り主の印鑑を押します。サインでも代用が可能ですが、押印をしたほうがより丁寧でしょう。

現金書留を送る手順

ご祝儀を現金書留で贈る場合は、以下のような手順で発送しましょう。 1.必要なものを全てそろえる 2.封筒にお届け先・送り主の住所・名前・電話番号を記入する 3.現金の入ったご祝儀を封筒に入れる 4.封を閉じて指定箇所にサインor印鑑を押す ※印鑑はシャチハタでもOK 5.郵便窓口で送付手続きをする 郵送状況が気になる場合は、インターネットの追跡サービスを利用して確認してみましょう。

現金書留を送るときの注意点

続いては、結婚祝いを現金書留で送る際に、注意しておくと良いポイントをご紹介します。

ご祝儀袋が入るサイズの封筒を選ぶ

現金書留専用の封筒には、普通サイズと大型サイズの2種類があります。 普通サイズよりも大型サイズを使用した方が、ご祝儀袋を入れる場合はゆったりと使えるためおすすめです。 また、大型サイズであればメッセージカードなどを同封するときにも便利です。 サイズに関わらず、封筒の値段は一律21円となります。 しかし大型サイズになると定形外料金がかかり、その分送料が高くなることは注意しましょう。詳しい料金は郵便窓口で確認してみてください。

損害要償額を申し出る

現金書留には、万が一お相手に郵便が届かなかった場合、申し出た金額を限度として損害額を賠償する制度があります。 郵便窓口で手続きの際に申し出がなかった場合は、現金書留の場合は損害要償額は1万円となります。(手数料435円の中に1万円の損害要償額が含まれています。) そのため、1万円以上のご祝儀金額を包む方は申し出をするようにしましょう。 損害要償額の申し出をする場合、5,000円をプラスするごとに10円の手数料がかかります。上限は50万円で、封筒に入っている現金の金額を超えて申し出することはできません。

現金を入れたか最後にチェック

現金書留を送るときは、現金を入れたかを最後に必ずチェックしましょう。 現金を入れ忘れてしまっては元も子もないので、封をする前に必ず確認するのが良いでしょう。 また、現金書留は送る金額によって送料が変動するため、封筒に入れた金額を窓口で伝える必要があります。封筒に入れた金額の確認も忘れずにしておきましょう。

結婚祝いに喜ばれるプレゼント

結婚祝いとして現金を贈る場合、品物を一緒にプレゼントすることもおすすめです。 TANPでは、現金とセットで贈るのにぴったりなギフトも多数ご用意しています。予算や商品カテゴリだけでなく、お相手との関係性なども指定して品物を検索できるので、ぜひ活用してみてくださいね。

ルールを守ってご祝儀を送りましょう

今回は、ご祝儀を現金書留で送る方法を詳しくご紹介しました。 大切なご祝儀が確実にお相手に届くよう、ルールをきちんと守って現金書留を送りましょう。 あなたの祝福の気持ちが、お相手にしっかりと届くことをお祈りしています。

結婚祝いに関連する他の特集

×
TANP会員登録のご案内