今なら新規会員登録で

¥500OFF

COUPON PRESENT!

09月30日まで

岩手革

~いわて短角牛~ 国内流通の1%しかない日本短角種の「短角牛」。この貴重な革を使用したアイテムをみなさまにお届けできるのは当ブランドのみです。親から子へ、子から孫へ「愛情牛」で作られたレザーアイテムをぜひ手にとってお確かめください。 ~高級ブランドにも負けない品質~ 現段階で良質な牛の原皮とされているのはヨーロッパの牛が有名です。特に、地中海沿岸の四季のある自然豊かな場所に放牧されてのびのびと育つ牛はストレスフリーで皮膚も健康に育つので最高品質の原皮として扱われています。まさに、人間にも同じことが牛にも当てはまるのです。岩手の山脈奥深くに同じストレスフリーの環境で育てられている短角牛の皮を海外スーパーブランドの革なめしを委託されている日本国内の会社に「タンニンなめし」にて加工し、世界一の革を作り上げています。

岩手革(いわてがわ)とは

"岩手革" は、盛岡市内で焼き肉店「原価市場」を営む中村代表(36歳)が 2016年10月、"短角牛" に特化した革製品開発のため設立。

岩手県が飼育数日本一を誇る”短角牛”はヘルシーな食材として注目を集めていたものの、革は活用が進んでいなかった。なめらかな素材で風合いが良い「純国産皮革」としてブランド化を目指して設立されました。

希少な国産 ”短角牛” を使用!

国内流通の1%しかない日本短角種である「短角牛」を使用しています。 この貴重な”短角牛”革を使用したアイテムを、みなさまにお届けできるのは "岩手革"のみです。 ぜひ”短角牛”の独特の味わいをお楽しみください。

日本人にフィットする革製品!

国内で育てられた牛を、国内で加工し、国内を中心に販売しています。 ヨーロッパの牛革が人気なのは、放牧されストレスの少ない環境で育つことで良質な革をもつからです。 この "短角牛" もまた同様に、岩手の山脈奥深くでストレスフリーな環境で育てられています。 さらに、革なめしの加工は、海外スーパーブランド委託されている日本国内の会社に委託し、 「タンニンなめし」という手法で加工し、世界に通ずる国産革製品を緻密に作り上げています。

機能性、持久性バツグン!

どの製品も職人によって、使いやすく長持ちしやすい形を追求した革製品になっています。 特に長財布は、通帳も入るサイズになっており、用途を問わないので老若男女に好かれる作品になっています。 名刺には、縫い目が一切ないシームレスを採用することによって、一生涯使えるような革製品を作り上げました。 気になるあの人に、希少な日本産の革製品をプレゼントしてみてはいかがでしょうか?

岩手革の商品に関するレビュー