今なら新規会員登録で

¥500OFF

COUPON PRESENT!

11月30日まで

ホワイトデーのチョコの意味って?さりげなく気持ちを込めたプレゼント特集!

ホワイトデーのお返しに使われるお菓子に込められた意味を紹介しています。ホワイトデーにチョコを渡すのって、実は危険だって知ってましたか?ここではチョコ、マシュマロ、キャンディー、クッキーに込められた意味から、ホワイトデーのお返しにぴったりなオススメお菓子をまとめてご紹介!ぜひ最後までお読み下さい

ホワイトデーにチョコのお返し、ちょっと待って!

出典:https://cdn.pixabay.com

ホワイトデーが近づいてきました。男性は、チョコをくれた女性にどんなお返しをしたらいいのか、頭を悩ませる時期だと思います。 イオンをはじめとしたショッピングセンターには専用のお菓子コーナーも作られますし、せっかくだから女性受けしそうな可愛いお菓子をプレゼントしよう、と思う男性も多いことでしょう。 ですが、例えば恋人にクッキーをプレゼントしようものなら、喧嘩に発展しかねません。 マシュマロは、渡すモノによっては喜ばれるでしょう。しかし、これも間違った選び方をすれば、女性から猛反発を食らうおそれがあります。 なぜ?と思った、そこの貴方。 ホワイトデーに渡すお菓子に込められた意味を知らないと、ひょっとするとあとで取り返しのつかない事態になるかもしれませんよ? チョコ、マシュマロ、キャンディー、クッキー。 ホワイトデーで渡されるお菓子には、それぞれちゃんと意味があります。 この記事は、それぞれのお菓子に込められた意味を分かりやすく解説するだけでなく、ホワイトデーにぴったりなお菓子をまとめて紹介します。ぜひ最後までお付き合い下さい。 お菓子の意味は、知らなければ損ですが、知っていれば逆に自分の気持ちを伝える強力な武器になりますよ!

ホワイトデーのお返しの意味って?

出典:https://cdn.pixabay.com

ホワイトデーのお返しに選ばれやすい4つのお菓子の意味を順に見ていきましょう。 お菓子の意味は、歴史に由来するものから、その食感に由来するものまで、色々な種類があります。 ただ闇雲に頭に詰め込むのは大変ですし、一時的に覚えることはできても長期的な記憶にはつながりづらいので、由来も一緒に覚えましょう。 ここでは、お菓子の意味を由来もセットでわかりやすく紹介していきます。

ホワイトデーのお返しにチョコは避けるべし

なぜ避けるべきなのか。 これはズバリ結論から言うと、相手から受け取ったものをそのまま返すことになるからです。 義理であれ本命であれ、ホワイトデーのお返しを考えているということは、バレンタインにチョコをもらっているはずですよね。 チョコを渡したのにチョコが返ってきたら、女性はがっかりしてしまいます。 よほどチョコが好きという女性なら喜ばれるケースもありえるかもしれませんが、一般的にはナシの方向で考えたほうが良いと思います。 ちなみに、検索して調べてみると、ホワイトデーにチョコを渡すのは「特に意味を持たない」としているサイトも多くヒットします。 一見、無難そうに見えますが、特に意味を持たないということは、裏を返せばどういう風にも受け取ることができるということです。 相手の反応が予想できないとき、どうするのが賢明でしょうか。 チョコのチョイスによほどの自信がない限り、避けた方が無難でしょう。

チョコ入りのマシュマロには「純白の愛で包む」の意味がある

しかし、絶対にチョコを渡すのは避けた方がいいという事もありません。 それは何を隠そう、チョコ入りのマシュマロ(マシュマロチョコ)には、相手から受け取った気持ち(=チョコレート)を純白の愛で包む、という意味があるからです。 恋人に渡すには、ピッタリですね! 細かい話は省略しますが、元々ホワイトデーは、チョコの入ったマシュマロを相手にプレゼントする日として、「マシュマロデー」と呼ばれていました。 時代の変遷とともに、それがホワイトデーへと変わり、マシュマロだけでなく様々なものがバレンタインのお返しとして贈られるようになりました。 マシュマロチョコは、いわばホワイトデーの元祖です。 ですから、ホワイトデーのお返しにマシュマロチョコを贈るのは、何も間違ったことでは全然ないんです。 ただし、義理チョコをくれた相手にマシュマロチョコを渡すのは明らかに気持ちが釣り合ってないですし、逆にチョコなしの普通のマシュマロは、相手にとって真逆の意味になります。 そう、マシュマロはチョコの有り無しで、意味が180度変わってくるんです。 マシュマロって、口の中に入れるとすぐ溶けてなくなってしまいますよね。 ここから転じて、あなたとの関係もすぐ解消したい、つまりあなたが嫌いです、という意味が生まれたようです。 意中の相手にストレートに嫌いなんて言われたら、繊細な女性なら傷ついてしまうかもしれませんよね。 マシュマロを渡すなら、家族や恋人にチョコ入りのマシュマロを贈りましょう。

相手に好意を伝えるにはキャンディーもおすすめ!

口溶けの早いマシュマロにネガティブな意味があることは前の項で書きました。 だとしたら、口の中で長く甘さが残るお菓子には、逆にポジティブな意味がありそうですよね。 キャンディーには、チョコをくれた相手に「私もあなたが好き!」と伝える意味があります。 長く甘い恋を、あなたと続けたい。そんな素敵でロマンチックな意味がキャンディーには込められているようです。 キャンディーは安いですし、コスパ的な意味でも自分の気持ちを伝えるにはまさにうってつけのお菓子だといえるでしょう。

サクッとした関係をお望みならクッキー

ただ、チョコをもらった相手と必ずしも深い関係になりたいとは限らないと思います。 クッキーのように、サクッとした関係。友達どうしでいたいという意味を相手に伝えるなら、ホワイトデーにクッキーを贈りましょう。 クッキーが嫌いな女性はほぼいないといっても過言ではありませんから、義理チョコへのお返しにもピッタリです。

ホワイトデーのお返しに!絶対おすすめなお菓子を紹介♡

出典:https://pixabay.com

ホワイトデーのお返しの意味、覚えましたか? ざっくりまとめると、ホワイトデーのお返しの意味は「あなたが好き」「あなたとは友達でいたい」「あなたが嫌い」の3つに大きく分けられることがわかります。 「あなたが嫌い」のマシュマロは、なるべく選ばないようにしましょう。 友達にクッキー、家族や恋人にキャンディやマシュマロチョコを渡すのが、お菓子の意味で考えたらベストということですね。 もちろん、これはあくまでお菓子の意味で考えたら、の話です。 世の中にはお菓子の意味なんて気にしない!という女性もいますし、中には純粋にマシュマロが好きだからマシュマロが欲しい!という方もいるでしょう。 相手の好み、相手との関係性によって、渡すべきお菓子、避けるべきお菓子は変わります。 日頃のコミュニケーションを大事にして、相手のことをよく考えた上でお返しを選ぶことができたら、それが一番ですね。 ホワイトデーのお返しで喜ばれそうなお菓子を紹介しておきますので、お菓子選びに迷っている方はぜひ参考にして下さい。

女友達には可愛いクッキーを贈ろう

出典:https://pixabay.com/

お返しにクッキーを選んだ時点で、貴方のホワイトデーはほとんど成功したといっても過言ではありません。 ですが、ここはもう一歩踏み込んで、より女性受けしやすいお菓子を選んで好感度UPを狙ってみてはいかがでしょうか。 たとえば白い恋人のような、おしゃれなクッキーも定番で良いですが、男性があえてキャラクターもののお菓子を持ってくることにキュンとくる女性は多いはずです。 ギャップ萌え、というやつですね。

リラックマ

出典:https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/takano-gift/cabinet/03176640/imgrc0067204509.jpg

誰もが一度は聞いたことがあるリラックマ。 しかし、キャラクターの細かい名前まで知っている方は少ないのではないでしょうか。 茶色のがリラックマ、白いのがコリラックマ、こげ茶色のがチャイロイコグマで、小さく描かれている黄色い鳥はなんとそのままキイロイトリだそうです。 シンプルか!と突っ込みたくもなりますが、覚えるぶんには単純であったほうがいいですね。

シリアルマミー

出典:https://image.rakuten.co.jp/siriaru/cabinet/_cookie/animal-cookie-5set-a.jpg

やや子供向けな気がしなくもないシリアルマミーですが、いっそ子供っぽいくらいの方がギャップを狙う分にはいいかもしれません。 価格の割に美味しいクッキーなのは事実ですから、安心してプレゼントできると思います。

恋人には長続きの意味を込めてキャンディーがおすすめ

出典:https://pixabay.com

恋人に贈るホワイトデーのお返しには、愛や好意を示す意味のある、キャンディやマシュマロチョコを選びましょう。 「純白の愛で包む」のマシュマロチョコもいいですけど、長く甘い恋を続けたいというキャンディも捨てがたいですね。 コストの面では、キャンディの方が優れています。ただ、高額でおしゃれなキャンディも売られており、TVで特集が組まれたりもしています。 大切なカノジョに伝えたい意味と、お財布事情を考慮して選ぶのが良いでしょう。

トリコロールキャンディー

出典:https://shop.r10s.jp/iwaiseika/cabinet/shikiame/wda/wdtricolore00.jpg

トリコロールはフランス語で「3色」を意味しています。 文字通り、3色のシンプルなキャンディですね。あまり華美な装飾を好まない控えめな女性には、こんな感じの素朴なキャンディが好まれるかもしれません。 値段も手頃ですし、あまり経済的に余裕のない大学生くらいの年齢の方でも渡しやすいキャンディといえるでしょう。

キャンディブーケ

出典:https://shop.r10s.jp/bunbunbee/cabinet/sweetsbuoquet/400/ca-usc-002r_n7.jpg

先ほどTVで特集が組まれたと書いたキャンディがこちらになります。 煌びやかですね。ホワイトデーだけでなく、母の日に贈るプレゼントとしても使えそうな気がします。 季節に合わせたアレンジやリトルガール、リトルボーイといったアレンジのコースも用意されていますので、初心者でも贈りやすいキャンディといえるでしょう。

チョコ入りのマシュマロなら恋人に渡すのもアリ♡

出典:https://pixabay.com/

チョコのない普通のマシュマロを渡すのはNGですが、チョコ入りのマシュマロはOKです。むしろ、ホワイトデーの発祥にもなったくらいですので、自信をもってチョコ入りマシュマロを贈りましょう。 ちなみに悪いほうのマシュマロの意味が一人歩きして、マシュマロならチョコが入っていようと「あなたが嫌い」の意味でとらえてしまう女性もいるようです。 お菓子の意味は時代とともに変遷していきますから、それも仕方ないことかもしれません。 何事も日頃のコミュニケーションが大事で、ホワイトデーのお返しを選ぶ際にも、相手のことを事前によく知っておきましょう。 意味うんぬんの前に、マシュマロが苦手な人にマシュマロを渡しても、げんなりされてしまうだけですしね。 素敵な意味をつくり出すことのできるお菓子には変わりありませんので、想いを込めた言葉と一緒に(ここ重要!)、マシュマロチョコを渡しましょう。

元祖!石村萬盛堂のマシュマロ

出典:https://shop.r10s.jp/ishimura/cabinet/syouhin/18197-1.jpg

ホワイトデーはもともと実はマシュマロデーだった、という話をしましたが、そのマシュマロデーを作った会社というのが、まさに石村萬盛堂さんだったりします。 ホワイトデーの元祖ですね。今でも老舗のマシュマロとして人気が高いので、マシュマロチョコは、これを選んでおけば外れることはまずないでしょう。

相手によってはキャラクターもののマシュマロもアリ

出典:https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/marshmallow/cabinet/marsh02/02185_cs-1.jpg

女性は可愛いものが好き!というセオリーに則って、マシュマロチョコもキャラクターのものをプレゼントする方法もあります。

チョコのお返しには意味を込めたお菓子を贈ろう!

出典:https://pixabay.com/

いかがでしたか。 ホワイトデーのお菓子には、意味があります。女性は知っている方が多い反面、男性は知らないという方がほとんどです。 皆さんのホワイトデーが、少しでも良いものになりますように。

ホワイトデーに関連する他の特集