新規会員登録クーポンのバナー

【2022年】母の日に贈る花束はどう選ぶ?おすすめの花束を紹介

母の日に花束を贈るとき、どう選べばいいか悩んでいませんか?花束を贈る機会がなかなかないからこそ、いざ贈るときに迷ってしまいますよね。そこで今回は、母の日に花束を贈るときにどう選べばいいか、選び方やおすすめな花束ギフトをご紹介します。今年の母の日は、素敵な花束を贈ってみませんか?

自分に合った母の日のプレゼントをすぐに探したい方はこちら

母の日には花束を贈ってお母さんにサプライズ!

出典:https://cdn.pixabay.com/

今年の母の日は何を送ろうかなと思っている、そこのあなた! ぜひ、今年は花束をサプライズプレゼントしてみませんか? 花束を贈るなんて恥ずかしいと思う人もいるかもしれませんが、1年に1度の感謝の気持ちを伝える大切な日だからこそ、花束を贈ると喜ばれますよ。 しかし、花束はなかなか贈る機会がないため、どう選べばいいかわからない人も多いはず! そこで今回は、花束の選び方やおすすめな花束などをご紹介します。 ぜひ、最後までチェックしてみてくださいね。

母の日には花束と鉢植えどっちにする?

出典:https://cdn.pixabay.com/

母の日にお花を贈ろうと決めたとき、花束と鉢植えはどちらのタイプがいいのかなと悩んでいる人もいるのでは? 母の日なので、どちらを贈ってももちろん問題ありません。 どちらが喜ばれるかと聞かれたら、答えは「どちらも」としか言いようがないほど。 そこで、どっちにしようかなかなか決められない人のために、どちらがどんなお母さんに喜ばれるかご紹介しましょう。

花束の方が喜ばれるお母さんは?

花束は、普段からお花を生けている人にはとても喜ばれる贈り物。 1つの花束でも生け方に慣れている人は、複数の花瓶を使って上手にお花を組み合わせて飾ることだってできます。 花束のメリットはそれだけでなく、彩り鮮やかで、様々な種類のお花を組み合わせられるのも最大の特徴。 もちろんカーネーションだけ!とするのもいいですが、複数のお花を組み合わせるとより素敵な花束になりますよね。 母の日にぴったりな花言葉を持つ、ガーベラ、バラ、カーネーションなどを花束にすれば、思いも伝わるはずですよ。 華やかさが好きなお母さんや、お世話はお水を変えるだけと簡単なのを好む方にもおすすめです。

鉢植えの方が喜ばれるお母さんは?

普段から土をいじることが多い人や、お花を育てるのが好きなお母さんには鉢植えがおすすめ。 鉢植えの特徴の1つとして、つぼみがあること! 自分でお水をあげて愛情かけて育てていくことで、つぼみが花を咲かせます。 つぼみが花を咲かせたとき、育ってくれたことへの喜びがより増しますよね。 鉢植えは普段から育て慣れている人に贈るのがおすすめ。 実は、育て慣れていない人が正しい方法で育てないと、すぐ枯れてしまう可能性があります。 そのため、育て慣れていない人には花束を贈るようにしましょう。

母の日に贈る花束の選び方

出典:https://cdn.pixabay.com/

花束を贈ることを決めても、どうやってお花を選べばいいか悩みますよね。 どんな色合いで組み合わせればいいか、どんなお花を選べばいいかなど、ここからは選び方をご紹介していきましょう。

お母さんの好きな色・花の種類から選ぶ

お花を選ぶとき、まず大事にしたいのがお母さんのことを考えながら選ぶこと。 お母さんはどんな色が好きかな、どんなお花が好きかなというのをまず思い出してみてください。 お花の好きな種類がわからなくても、色合いがわかればお花も選びやすくなりますよ。 お花を選ぶとき、花束を1種類のお花だけにするならまだしも、複数にするときはどう組み合わせていいか分からず困りますよね。 そのときは、メインにしたいお花を1つか2つ決めるようにしましょう。

花言葉から選ぶ

母の日にぴったりな花言葉を持つお花もたくさんあります。 そんなお花をメインとして選ぶのもおすすめです。 ・赤いカーネーション:母への愛 ・アジサイ:家族団らん、元気な女性、家族との結びつき ・バラ:愛 ・胡蝶蘭:幸福が飛んでくる ・チューリップ:優しさ、思いやり ・カスミソウ:感謝、幸福 ・ピンクのガーベラ:感謝 カーネーションは母の日として定番ですが、「黄色は軽蔑」「白色は亡くなった母に贈るもの」なので選ばないように注意してくださいね。

自分の決めている予算・値段から選ぶ

お花は高いため、花束だとそれなりに値段もしてしまいます。 そのため、ある程度の予算を決めるのもおすすめ! 母の日に贈るギフトの相場はこちら。 ・中学生〜大学生:1,000円〜2,000円ほど ・20代の社会人以上:3,000円〜5,000円 人によっては、1万円ほどの贈り物をしている人もいるそう。 学生の場合、お小遣いをもらっているため高いものは買いづらいというのもあるようですが、自分でお金を稼げるようになると少し値段も高くなるようですね。

通販で購入できるものがおすすめ

花束を買うとき、お花屋さんで選ぶ方法を思いつく人が多いと思いますが、通販での購入もできます。 しかも、通販での購入はメリットがたくさん!! 忙しい間でも自宅でゆっくり商品を選ぶことができ、また綺麗な状態でお家に届きます。 お花屋さんで購入したとき、家の近くならまだしも、少し距離があるとお花がしよれたり崩れたりしてしまう心配もあります。 通販ならそういった心配がないため、おすすめです! また、遠方のお母さんの家に直接贈る方法もできますよ。

母の日に贈るおすすめの花束

出典:https://cdn.pixabay.com/

ここからは、母の日に贈りたいおすすめな花束をご紹介していきましょう。 TANPならメッセージカードをつけられたり、ギフトをオプションでつけることも可能。 予算と相談しながら、素敵なギフトを見つけてみてくださいね。

世界に一つだけのオリジナルブーケ

おまかせブーケ-ホワイト×グリーン

kusakanmuri(クサカンムリ)

おまかせブーケ-ホワイト×グリーン

花束・ブーケ

(1件)

¥6,600(税込)

商品詳細へ

季節の草花をふんだんに使用したブーケです。ご用途に応じてお好みのイメージの花束をお作り致します。記念日やお誕生日などはもちろん、突然のプレゼントにも喜ばれること間違いなしです。※色味は白×緑のみです。※生花になりますので必ずお届け日指定をお願いいたします。

永遠の思い出

花束フェイスタオル[PEARL EDITION]

MAXMATERIA(マックスマテリア)

花束フェイスタオル[PEARL EDITION]

タオル

(5件)

¥3,850(税込) SOLD OUT!

商品詳細へ

造花ではなく本物のエバーラスティングのドライフラワーを、天然木を主原料とした高級素材のフェイスタオルで包んでいます。プラチナリングに映るピンクダイヤの色をイメージしており、素材をピンクとシルバーに染め分けることでぐっと深みのある素敵な色調にしました。落ち着いた霜降り調の光沢があります。母の日ギフトにもおすすめですよ。

産地直送!バラのラウンドブーケ

出典:https://item.rakuten.co.jp/

バラの農家がその日良い状態のバラの花を選んで、ブーケにして贈ってくれます。 どんな色合いかは届くまでのお楽しみ! 一度でいいから、バラの花束をもらってみたいと憧れる女性も多いはず。 50〜100本の本数が指定でき、バラの花束としてはお財布に優しい価格も魅力的。 メッセージカードもつけられるので、母の日のプレゼントにおすすめな花束です。

ガーベラが可愛らしいフラワーシャワー

出典:https://item.rakuten.co.jp/

ガーベラの花束も母の日ギフトにはおすすめ! ガーベラの花言葉は「希望」。 また、ガーベラは色ごとに花言葉が、ピンクは感謝、赤は神秘、白は希望、黄色は究極美などと違います。 感謝の花言葉もあるカスミソウも組み合わさったこのフラワーシャワーは、とても可愛らしく、母の日にもぴったりですよ!

【送料無料】母の日に定番のカーネーション

出典:https://www.e87.com/

母の日に贈るカーネーションを、なかなか見ないカラフルなカーネーションを贈ってみてはいかがでしょう。 カラフルなカーネーションの花束は、とても素敵ですよね。 真ん中には、レインボーカラーのカーネーションも! レインボーカーネーションは、オランダではハッピーフラワーと言われているそう。 母の日に贈る花束としてもぴったりですね。

おしゃれな入浴剤ブーケ

【母の日】カーネーションダズンブーケ

Q-FLA(キューフラ)

【母の日】カーネーションダズンブーケ

入浴剤

(10件)

¥4,180(税込) SOLD OUT!

商品詳細へ

12輪の薔薇に想いが込められたダズンブーケ。見た目はプリザーブドフラワーそっくりな入浴剤です。贈られたらびっくりすること間違いなし!記念日などのサプライズギフトにも最適◎生花はちょっと…という方に、おすすめなおしゃれ花束ギフト。華やかなカーネーションで特別な日の贈り物をしてみませんか。

母の日に贈る花束は決まりましたか?

出典:https://cdn.pixabay.com/

母の日に贈る花束の選び方や、おすすめな花束をご紹介してきました。 母の日に贈る花束は決まりましたか? 今年の母の日は、花束で精一杯感謝の気持ちを伝えてみてはいかがでしょう。 お母さんもきっと喜ぶはずですよ! 花束を贈って、素敵な母の日を送ってくださいね。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

母の日に関連する他の特集

×
TANP会員登録のご案内