今なら新規会員登録で

500円OFF

全商品対象クーポンプレゼント!

04月30日まで

”内祝い”とは?覚えておきたいマナーから、種類まで丸ごと紹介

お祝いの席で使う”内祝い”とは何か、意味を理解していますか?いざという時のためにも、しっかりとマナーは覚えておきたいところですよね。この記事では”内祝い”とは、その由来と種類によって違うマナーの基本をしっかりご紹介します。この機会に、誰かに教えられるマナーを身につけましょう。ぜひ最後までご覧くださいね。

内祝とはどんなもの?

出典:https://pixabay.com/ja/

「内祝い」と聞いてピンとくる人とそうでない人がいると思いますが、内祝いは大人になると必ず直面します。 その時に「わからない」「知らなかった」では恥ずかしいので、内祝いのマナーをここでしっかりと身につけましょう。 意外と知らない内祝いの本来の意味や、内祝いの種類ごとのマナーもご紹介しています。 ぜひ最後までご覧下さい。

「内祝い」本来の意味

出典:https://pixabay.com/ja/

内祝いとは何かと聞かれて説明できますか? 現在「内祝い」は、お祝い事でお祝儀などを貰った「お返し」という意味合いで用いられることが主流になっています。 お祝い返し=内祝いが広く知られていますが、内祝い本来の意味は少し違います。 「内祝い」とは本来、おめでたいことがあった人が自主的に贈るものでした。 昔はお世話になった方や近所の方に「結婚しました」「子供が生まれました」など報告も兼ねて、お赤飯や紅白饅頭などを配っていたようです。 昔の内祝いのスタイルは、今の若い世代にとっては戸惑いがあります。 現代風の内祝いのスタイルで間違いはないので本来の意味も踏まえて、大人のマナーを身につけたいものですね。

内祝いの「内」とは

出典:https://pixabay.com/ja/

そもそも、内祝いの「内」とは何か・・・気になっている方も多いと思います。 これは上述した昔のスタイルの内祝いが関係しています。 本来の内祝いの意味は自分のうちに(身内に)おめでたいことがあったので、お祝いの品でお世話になった方やご近所さんとその喜びを分かち合うということでした。 身内のお祝い事だったので「内」が付きます。 意味を知れば、文字通りということになります。

内祝いと祝儀の関係・マナーとは

出典:https://pixabay.com/ja/

内祝いと切っても切れない関係なのがお祝儀です。 大人になるとお祝いの席に招待されたり、結婚や子供が産まれたりと「お祝儀」と「内祝い」を必ず経験します。 大人のマナーとしてお祝儀の包み方や渡すときのマナーもしっかりと身につけたいものです。 お祝儀の中身(金額)が少ないからと上包みを豪華にするのはNGです。 それではお祝儀のマナーを見ていきましょう。

祝儀のマナー①新札を用意する

出典:https://www.mwed.jp/

お祝儀のマナー1つ目は、新札を入れることです。 間違いやすいのが、新札とピン札です。 ピン札は折れ目のないお札のことで、新札はまだ使われていない文字通り新しいお札のことです。 お祝儀には新札を用意することがマナーです。 新札は銀行で両替をする際に、「新札」の欄にチェックを入れると交換できます。 結婚式は前もって招待されているので、早めに銀行で新札を用意しておきましょう。 もしも忘れていたときは、式場のフロントで替えてくれることもあるので確認してみましょう。 また、お祝儀にお札を入れるときは表にお札に印刷されている肖像がくるように入れます。 この入れ方を知らない方も多いので要チェックです。 入れるお金は9を除く奇数が望ましいです。

祝儀のマナー②中袋の裏に名前・住所を書く

出典:https://www.mwed.jp/

お祝儀のマナー2つ目は、中袋の裏に名前・住所を書くことです。 「親しいから知っているよね」「お返しはいらないから書かない」では失礼になります。 親しき仲にも礼儀ありという言葉があるように、きちんと記入しましょう。 金額を書く際は一般的な略字(一、二、三、五・・・)ではなく、旧字の(壱、弐、参、伍・・・)を使いましょう。 中袋も筆文字が理想とされていますが、濃いしっかりとした黒字であればサインペンでもOKです。

祝儀のマナー③上包みは上向きを表に

出典:https://www.mwed.jp/

お祝儀のマナー3つ目は、上包みの折り目は上向きが表にくるように重ねて水引を通します。 これはお祝儀の包み方で特に気をつけたいマナーのひとつです。 祝い事の場合は「幸せも貰いうける」「喜びは天を向く」といういみで上向きに折り返されている方を表に重ねます。 反対にしてしまうと、お悔やみになってしまうので充分注意しましょう。

祝儀のマナー④ふくさの包み方

出典:https://www.mwed.jp/

お祝儀のマナー4つ目は、ふくさの包み方です。 ふくさで包んでおくとお祝儀がバックの中やジャケットのポケットの中で曲がったり汚れることから防いでくれます。 ふくさの包み方は上の絵の通りです。 ①左側を中に折る。 ②上部を中に折る。 ③下部を中に折る。 ④右側を中に折り、余った部分を裏へ折り返す。 お祝い事のふくさの色は、赤などの暖色系のものを使います。 お悔やみの場合は暗めのふくさを使いますが、どちらでも使えるのが紫色のふくさです。 一枚持っておくと良いでしょう。 ふくさがない場合は小さなふろしきやハンカチで代用します。 くれぐれもバックやスーツからそのまま出したり、購入したセロハン袋に入れて渡すのはやめましょう。

祝儀のマナー⑤渡し方

出典:https://pixabay.com/ja/

祝儀のマナー最後は渡し方です。 例として結婚式の祝儀の渡し方をご紹介します。 結婚式場の受付で「本日はおめでとうございます」と挨拶をします。 そしてふくさに包んだお祝儀をバックやジャケットのポケットから取り出し、ふくさを畳みます。 畳んだふくさの上にお祝儀を置き、名前が受付の方に向くように両手で渡します。 これがお祝儀を渡すときのマナーです。 また、「○○(名前)です。ご招待いただきありがとうございます。」という言葉を付け加えると、尚良いでしょう。

内祝いの種類ごとに違う!覚えていきたいキホンのマナーとは

出典:https://pixabay.com/ja/

内祝いと言っても種類があります。 ここでは内祝いの種類をご紹介します。 同じ内祝いでもシーンごとに少しマナーが違うので、基本をしっかり押さえましょう。 次の章で種類ごとのマナーを詳しく解説します。

内祝いの種類①結婚式

出典:https://pixabay.com/ja/

内祝いの種類1つ目は、結婚内祝いです。 大人になって最初に経験するのがこの内祝いと言っても過言ではありません。 結婚内祝いは、結婚式に参列いただいた方へは引き出物がそれに当たります。 ですので、後日改めて贈る必要はありません。

内祝いの種類②出産

出典:https://pixabay.com/ja/

内祝いの種類2つ目は、出産内祝いです。 出産内祝いは産後1ヶ月位に贈るのがマナーです。 産前も産後も慌しく、余裕がなくなるので前もって用意することをおすすめします。 身重の体や産まれたばかりの赤ちゃんを連れてデパートに内祝いを買いに行くのは大変なので、カタログギフトやネット注文が便利です。 出産内祝いは「半返し」が基本です。 半返しとは出産祝いで貰った金額の1/3~半額程度のものを贈ることです。

内祝いの種類③新築

出典:https://pixabay.com/ja/

内祝いの種類3つ目は、新築内祝いです。 新築内祝いはお家のお披露目も兼ねて親しい人を招き、自宅で食事会を開きます。 それが内祝いとなります。 招待した方の好みのものをリサーチするのも忘れずに。 たくさんお祝いを頂いた方へは、後日贈り物をすると良いでしょう。

内祝いの種類④七五三

出典:https://pixabay.com/ja/

内祝いの種類4つ目は、七五三の内祝いです。 子供のお祝い事にお返しは必要ないとされていますが、お祝いを頂いた場合はお礼状と共に宴席の場を設けて招待すると喜ばれます。 遠方で招待できない方へは、お礼状と内祝いの品を送るとスマートです。 また、子供の初節句の内祝いも同様にすると良いでしょう。

結婚祝いの内祝い基本のマナー

出典:https://pixabay.com/ja/

ここからは、内祝いの種類ごとに身につけたいマナーを詳しくご紹介します。 まずは結婚内祝いのマナーです。 結婚内祝いは、結婚式に参列いただいて引き出物をお渡しできた方へはそれでOKとされています。 後日他の品を贈る必要はありません。 しかし、たくさんお祝儀を頂いた方へは改めて内祝いを贈りましょう。 その時にお礼状も忘れずに。 金額の相場は、頂いた金額の1/3~半額程度です。 近年内祝いに贈る品は、生活用品や保存の利く食品などが良しとされています。 半返しでは失礼になりそうな時は夫婦二人で挨拶に行くのも良いでしょう。 いずれも、頂いてから1ヶ月以内に贈るのがマナーです。

出産祝いの内祝い基本のマナー

出典:https://pixabay.com/ja/

次に出産内祝いのマナーです。 出産は人生の一大イベントと言っても過言ではありません。 産前も何かと忙しいですが、産後は生活スタイルもガラリと変わり毎日が慌しく過ぎていきます。 初めての子供となれば出産祝いもたくさん頂くことでしょう。 お祝いを頂く相手を事前にピックアップし、産前から内祝いの用意をしておくことをおすすめします。 出産内祝いの熨斗は、子供の名前を書いたり短冊に子供の名前を書くのが一般的です。 カタログギフトやネット注文でも熨斗・短冊・メッセージカードなど対応してくれることがほとんどです。 忙しい産前・産後にデパートに行く必要もありません。 出産内祝いの相場も貰った金額の1/3~半額相当を返す「半返し」がマナーです。 贈る時期は産後1ヶ月、お宮参りが終わった頃にはお返ししましょう。 また、出産の知らせを人づてに聞いて少し遅れてお祝いを頂いた方には随時お返しをします。 職場の人や友人から連名で赤ちゃんの洋服などを貰った場合は、おおよその金額を人数分で割って1/3~半額分の品をお返ししましょう。 出産内祝いで気をつけたいのが、住んでいる地域によって内祝いの品が決まっていることがあります。 親しい人に聞いておきましょう。

新築祝いの内祝い基本のマナー

出典:https://pixabay.com/ja/

新築内祝いのマナーは、お祝いを頂いた方をお家に招いてお家のお披露目とお食事を用意します。 これが新築祝いのお返しとなるので特別な品物を用意する必要はありませんが、来てくださった方が満足するような食事会を心がけましょう。 たくさんお祝いを頂いた方には後日内祝いの品を贈ります。 また遠方の為お家に招待できなかった方は、頂いた金額の1/3~半額の内祝いを贈ります。 いずれも貰ってから遅くても1ヶ月以内にお返しするのがマナーです。

七五三の内祝い基本のマナー

出典:https://pixabay.com/ja/

最後に子供が頂いたお祝いの内祝いマナーをご紹介します。 子供の祝い事で貰ったお祝儀は、基本的にはお返しは不要とされています。 しかし、七五三や初節句などで親戚からお祝いを貰った場合は食事の場を設けてお披露目すると喜ばれます。 都合が合わなかったり遠方の場合は必ずしもその場を設ける必要はありませんが、お祝いを頂いたらすぐに手紙や電話で感謝の気持ちを伝えます。 離れて暮らす祖父母には孫の晴着姿の写真を添えて内祝いの品を贈ると喜ばれます。 子供のお祝いは何回でも祝ってよいことなので、内祝いの熨斗は「蝶結び」で子供の名前を書きます。

正しいマナーで印象に残る贈り物をしよう

出典:https://pixabay.com/ja/

内祝いのマナーについて種類ごとにご紹介してきました。 内祝いの本来の意味と現在使われている意味は少し違うのもお分かりいただけましたか? 現在はお祝いを貰ったお返しとして「内祝い」が用いられます。 大人になると必ず「お祝儀」と「内祝い」がセットのマナーなのでしっかり身につけたいですね。 内祝いには結婚・出産・新築・七五三などの種類があります。 いずれのマナーも細かい相違点はありますが、半返しや1ヶ月以内に贈るなどは共通して言えることです。 誰かに教えられる正しい大人のマナーを日頃から意識しましょう。 最後までお読みいただきありがとうございました。

結婚祝いに関連する他の特集