今なら新規会員登録で

500円OFF

全商品対象クーポンプレゼント!

02月28日まで

プレゼントにはおしゃれなラッピングを簡単に♡

バレンタインやホワイトデーのプレゼントには、ラッピングこだわって贈りたいですよね。とはいえ、自分で凝ったラッピングするのは面倒だし、手間がかかる…そんなときにはリボンや袋で簡単に、おしゃれなラッピングを叶えましょう。あなたらしい袋や素材をを選んで、プレゼントを楽しんでみてくださいね。

やっぱりおしゃれなラッピングがいい!

真紅や原色やキラキラの包装紙やリボンでくるまれた、大きなプレゼントはとっても心躍りますね。 でも、シンプルだけどあなただけのオリジナルのラッピングがほどこされたプレゼントは、決して高価なものでなくても、大切な人の笑顔をいっそう輝かせてくれるはず。 手軽に手に入る袋や紐でも、一人一人の個性やセンスが発揮できれば、きっとおしゃれに仕上げられます。 でもどんなに心を込めても、下手だなあって思われると悲しいですものね。いろいろリサーチして、素敵なオリジナルラッピングをつくってみましょう。 簡単にできるから、失敗しない! おしゃれでセンス良く仕上げられたら、お金をかけなくても幸せな気持ちになれる!

おしゃれにできる、袋を使ったプレゼントラッピングのコツ5選!

心を込めたプレゼントをできるだけ簡単におしゃれにラッピングしたい! 100均で売っている袋や包装紙やリボンなどを使って楽しんでやってみましょう。 いくつかコツをまとめました。

形と大きさに合った袋や包装紙を使う

プレゼントの形や大きさはさまざま。やわらかいものや形が複雑なものは、まず箱に入れてあげるとよいでしょう。 また、袋や包装紙が小さいと、慣れてない人はなかなか難しいものです。 袋や包装紙の大きさには余裕をもって。

袋や包装紙の色や柄にこだわる

プレゼントを選ぶのと同じように、袋や包装紙、リボンを選ぶ時も相手の好みを思い出しながら選びましょう。 たとえばふだんの服装だとか、趣味がどんな傾向だとか、思い浮かべているうちに、相手に喜んでもらえそうなグッズがきっとみつかります。 シンプルが好きな人にはシンプルに、お花が好きな人には小さなドライフラワーをリボンに添えるなど。 ナチュラル志向な人には、原色は避けて淡いカラーで統一するとか。 相手が好きな色や雰囲気のラッピングだと、それだけでも喜んでもらえるでしょう。

リボンは難しく考えないで

デパートや雑貨屋さんのリボンテクニックは素晴らしいですね。ラッピングされているのを店頭で見ていると、リボンをクルクルっと丸めて、キレイに正面を向かせて結んでくれるのに見惚れてしまったことがあります。 もちろん、そんなプロの技が使えるわけもないので、プレゼントは買ったものの…と悩んでしまうのですよね。 だけど可愛いリボンはそれだけで心躍るもの。 四角い箱に、横に一文字に巻いて結ぶだけでも十分に素敵になります。 最近では、縦にリボンを通しているラッピングもよく見かけます。 きっちり結べないで、ゆるんでしまっても、マスキングテープやシールで止めれば大丈夫。 また、1本だけでなくカラフルなリボンを何本か重ねたり、同じ色合いのものを重ねたり、麻ひもや布なども活用しましょう。

隠すか、見せるか

完全に包装紙や袋で覆って、プレゼントの中身がぜんぜん見えないのは実は包装の基本。 プレゼントの保護という目的も、ラッピングの役割なんですね。 そして、中身は何かな?と包装を開ける前に思いめぐらし、あけてみたら前から欲しかったものだったり意外なものだったりと、サプライズ的な楽しさも味わうことができます。 逆に、一部分だけ透明になった袋などでプレゼントを「チラ見せ」するのもワクワク感があります。ちょっとだけ見えてることで開ける前のワクワクと中身への期待が高まります。 プレゼントそれ自体にインパクトのあるものやカラフルなものなどは、透明な袋に入れても素敵ですね。 包装紙より袋より、キラキラした中身が勝負!そんなプレゼントも最高ですね。 手渡す状況によっても、選び方を考えることができますね。 相手の驚く顔、喜ぶ顔を楽しみに、選んでみましょう。

ちょっとだけ練習

自分でラッピングするとき、ちょっと緊張することはありませんか?せっかくのプレゼントが台無しになったらどうしよう……頑張ってラッピングしても、下手だって思われたらどうしよう…… そんな時は、いらない紙や袋で一度練習してみるとよいでしょう。一度だけでもやってみれば、すぐにコツはつかめます。気持ちにも余裕がでます。 以上、少しだけコツをあげてみました。 ますは難しく考えないで、自由な発想を引き出しましょう。 相手に合ったイメージで、色や素材のバランスを考えて、市販のものも上手にセレクトしてみましょう。 思いもよらないものが意外とおしゃれな袋になったり、リボンになったりすることがあります。 すてきなラッピングが完成したら、プレゼントをするのがますます楽しくなりますね。

プレゼント用ラッピングのおすすめ袋や素材

それでは、具体的に、素敵なラッピングの例をご紹介していきます。 100均などでいつでも買えるものを使ったラッピングを中心に、すぐに真似できるアイデアを集めました。 同じような色合いや形でも、素材によってまったく違う雰囲気に変わります。 プレゼントに合う雰囲気のものを、相手の好みも想像しながら、じっくり選んでみましょう。

リボン

リボンも本当にたくさんのものが市販されています。 すでに成型されているものやさまざまな素材があります。装飾がついたものなどを上手に使えば、まったくの手間なしでおしゃれな仕上がりが望めます。 また、あえてシンプルに小さくしたり、意外なところにつけてみたりと遊べる要素がたくさん。 麻ひもや和風のもの、布タイプなども普通に使われていますね。 ラッピングの第一印象が決まる、リボンの使い方をご紹介します。

出典:http://lovehome.blog.jp/archives/22728083.html

100均で売っている木製ピンチでとめるだけでも、簡単だしすぐできるアイデア。それだけでもおしゃれで素敵だけれど、そこに小さなリボンをつけたらグッと可愛くなりますね。リボンの色を相手の人のイメージで選んでも素敵です。 小さくて軽いものならどんなプレゼントでも対応できそうです。また、プレゼントの数が多いときなども、とっても楽です。袋の選び方次第で、どんな雰囲気にも変えられそうです。

kirinさん(@xx.kirin.xx)がシェアした投稿 -

リボン自体の存在感と質感だけで、シンプルだけどとってもナチュラルでホッとするような雰囲気ができあがりました。 袋はあえてこれくらい何気ないもののほうが、リボンが映えていいですね。 ワンポイントのスタンプがきいています。 スタンプもたくさん市販されていますが、得意な人はオリジナルの消しゴムスタンプも喜ばれそう。消しゴムスタンプのキットも販売されています。 もちろん、スタンプ無しのシンプルさも捨てがたいものです。

クラフト紙の袋に、華やかなリボンをたくさん貼り付けて。 とっても簡単だけど、すごくゴージャスに見えますね。色のチョイスと並べ方にきらりとセンスが光ります。小さな子どもさんへのプレゼントにも喜ばれそうです。 成型されているリボンは、「よくある感じ」になってしまいがちですが、袋とのコントラストと、いろんな色の組み合わせで、とてもオリジナリティの感じられるプレゼントになりました。

@oku_ukがシェアした投稿 -

無地の紙袋にスタンプを押していて、メッセージがダイレクトに伝わります。 シンプルなクラフト紙のバッグで、その持ち手に細いリボンを二つ、とてもキュート。プレゼントをあげたい!という素直な気持ちが伝わります。 長めに垂らしたリボンの色もかわいいけどシックで、大人っぽい雰囲気になっています。 何気ないけれども気持ちが伝わるプレゼントですね。

袋と包装紙

袋と包装紙は、分量が多いだけにプレゼントのイメージを決めてしまいがち。 デパートなどでやってくれる、斜め包みはちょっとむずかしいかもしれませんが、キャンディ包みなら、しっかり折り目を付ければきっと上手にできるはず。 でもやっぱり、包むのに自信がなければ、袋も大きさや素材がたくさんありますから、心を込めて選んであげましょう。

miuさん(@usazu)がシェアした投稿 -

これはもう、絶対見せたいプレゼント。透明な袋にレースペーパーのアクセントがラブリーですね。 シールが意外にシックな感じで、この組み合わせが絶妙です。 リボンを縦に結ぶ使い方も、最近は多いようです。 これくらい短く巻くのも、プレゼントの雰囲気に合っていてかわいいです。

さお(35) Sapporo.さん(@konta224)がシェアした投稿 -

よく見る、英字プリントの包装紙ですが、リボンとの組み合わせで大人っぽく、レトロ感が素敵なプレゼントになりました。 英字のラインがきれいに斜めに入っていることで、おしゃれ感がアップしています。 簡単だけど、何気ないこんな使い方で「きっちり」した感じが出せますね。

mqvさん(@hazuki0822)がシェアした投稿 -

個性的な包装紙と大きめのリボンで、高級感があります。こんなプレゼントをもらったらドキドキしそうですね。 大胆な柄は、使うのが難しそうと思ってしまいますが、もしもプレゼントが大きめなら、このようにとても映えます。エレガントで素敵。

Amandaさん(@giftfrippery)がシェアした投稿 -

印象的な袋でシンプルに。色味がとてもおしゃれです。 ワンちゃん好きな人にプレゼントしてあげたいですね。 動物の柄は子どもっぽくなりがちですが、なめらかな質感と、ワンちゃんのデザインがシンプルなので、大人っぽくできました。 大きめの白いリボンもシックです。

そのほかアイデアいっぱい

袋や包装紙でなくても、使えそうなものはたくさんあります。 また異素材の組み合わせなど、おしゃれに見せる提案も。

ayakoさん(@ayam0c0)がシェアした投稿 -

紙コップも優秀なアイテム。紙や布で蓋をして、リボンをかけるだけで立体感のあるラッピングになりました。さらに透明な袋に入れたら完璧。 紙コップは軽いし、数も用意しやすいし、保護する目的にもかなっているし、袋代わりにいろんな使い方ができそうです。

@mietakoがシェアした投稿 -

和紙で包んで、さらに透明の袋に入れた、二つの質感の違いが楽しいアイデア。シックな色の麻ひもがおしゃれですね。結び方はオーソドックスでシンプルだけど、とても華やかな印象です。いくつも輪っかを作るから、大きさがそろわなくてもそれがまた味になりそうです。 包装してからさらに袋に入れるから、少しくらい包むのが下手でも大丈夫。

しま。さん(@shi.ma.kitchen)がシェアした投稿 -

こちらはマスキングテープで作ったリボンを貼っています。 いろいろ使えるマスキングテープですが、このようにピンと張った感じを出すにはぴったりですね。小さなプレゼントにも丁度よい大きさです。 複雑に結んだりしなくてもよく、ゆるんでこないのも扱いやすいです。 ほかにも、小さく切って貼り付けたり、透明な袋にまっすぐ貼り付けたり、使い方によっていろんな表情が作りだせそうです。

袋や素材にこだわって、プレゼントをおしゃれに

さて、いくつかのラッピングのアイデアをご紹介してきました。 いかがでしたでしょうか。 プレゼントはもらう方はもちろん、あげるほうも、ウキウキするものです。 豪華なものではなくても、心をこめて、相手のことを思い浮かべながら選ぶ時間はとても素敵ですよね。 ラッピングはその第一印象を決めるもの。 おしゃれに仕上がったら、きっとプレゼントの価値も魅力も倍増しますね。 プレゼントする瞬間がもっと素敵なものになりますように。 最後までお読みいただきありがとうございました。

特集に関連する他の特集