今なら新規会員登録で

500円OFF

全商品対象クーポンプレゼント!

11月30日まで

【送る相手別!】就職祝いのメッセージの贈る文例と贈り方特集!

就活戦争を勝ち抜いて、就職が決まった!そんな時あの人のために、素敵な就職祝いの言葉を贈りたいですよね。でも就職祝いにどんなメッセージをどんな方法で贈ればいいのか、いろいろあって悩んでしまう……。そんなあなたのために、おすすめのメッセージと贈り方をご紹介します。心のこもったメッセージを贈って、新しい門出をお祝いしましょう!

就職祝いにおすすめのメッセージの文例と贈り方特集!

出典:https://pixabay.com/ja/

就活戦争を勝ち抜いて、希望の仕事に就職できたあの人のために、お祝いのメッセージを贈りたい! そんな人のために、就職祝いにおすすめのメッセージの文例と贈り方をご紹介します。 メッセージを贈る相手によって、文例や贈り方を変えるとお祝いの気持ちも伝わりやすいので、ぜひ参考にしみてください!

親しい友人に送る就職祝いのメッセージ

出典:https://pixabay.com/ja/

就職祝いを贈る相手が親しい友人の場合は、メールでフランクな言葉づかいで贈るのがおすすめです。 メールは、手軽にメッセージを贈れて相手にすぐ気持ちが伝えられるので、友人同士におすすめです。 逆にこちらの都合で贈るタイミングを選ぶことができるので、目上の人や年上の人には不適切です。

友人:おすすめの就職祝いメッセージ

・就職おめでとう!いよいよ社会人だね。新しい世界で、○○が大きく活躍できることを応援しています! ・ご就職おめでとうございます!新しい環境の中でも、笑顔で頑張ってください!

親せきに送る就職祝いのメッセージ

出典:https://pixabay.com/ja/

就職祝いを贈る相手が親せきの場合は、普段どれだけ交流しているかによってメッセージの媒体が変わります。 よくメールでやり取りをしているときは、メールでもいいでしょう。 ではなく、お盆正月にしか顔を合わせない程度の場合は、少しかしこまって手紙やカードがおすすめです。 カードの場合は、字数が限られている分本題にすぐ入れて、メッセージの文面を考えるのが苦手という人にはお勧めです。 手紙は、時候の挨拶やご両親への一言もそえられるので、より丁寧なメッセージを贈りたい人はこちらがいいでしょう。

親せき:おすすめの就職祝いメッセージ

・いよいよ社会人ですね。これからのご活躍をお祈りしています。体には気を付けて、しっかり頑張ってください。 ・ご就職おめでとうございます。これまで学んできたことを存分に発揮して、社会の一員としてしっかり励んでください。

先輩や上司に向けて送る就職祝いメッセージ

出典:https://pixabay.com/ja/

転職や定年退職後の再就職など、現代では新卒以外でも就職する機会が増えましたよね。 目上の人に対して就職祝いをしないといけないというときもあります。 そんな時は、自分が就職しているからと言って過度に上から目線になることなく、敬う姿勢を崩さないようにしましょう。 先輩や上司に向けて就職祝いのメッセージを送るときは、普段なかなか使う機会のない電報に挑戦してみてはいかがでしょうか。 メールや手紙と違って割高にはなってしまいますが、中にはオルゴールやぬいぐるみなどの記念品と一緒に送れるものもあるので、素敵な思い出になります。

先輩や上司:おすすめの就職祝いメッセージ

・○○さん、ご就職おめでとうございます。○○さんの新しい生活にご多幸多きことをお祈りします。 ・ご就職おめでとうございます。次のステージでも○○さんがご活躍されることをお祈り申し上げます。

素敵なメッセージで新しい門出をお祝いしよう!

出典:https://pixabay.com/ja/

メールや手紙、電報にはそれぞれメリットデメリットがあるので、相手との関係性によってしっかり使い分けましょう。 就職祝いを送る相手によって、媒体や言葉遣いを使い分けると、受け取る相手もとても気分がよく、新しい会社でも頑張ろうという気持ちになります。 メッセージの文例は、あくまでも一般的な例です。 あなたの心からの一言を添えて、素敵なメッセージを贈ってください!

就職祝いに関連する他の特集