今なら新規会員登録で

500円OFF

全商品対象クーポンプレゼント!

11月30日まで

同僚に贈るおすすめの出産祝いとは?

社会人となれば、周りで子供を持つ同僚も多くなってきます。喜ばしいことながら、そこで困るのが出産祝いですね。一体いくらがいいの?どんなものを贈ったらいいの?そんな疑問を解決します。同僚に贈るおすすめの出産祝いを予算に合わせてご紹介します。出産祝いを贈る同僚との距離感にあわせたプレゼントから探せます。

出産祝いの予算は?

出産祝いで一番最初に困るのは、「何を贈ったらいいか」ではなく「どのくらいの値段のものをおくったらいいか」ですね。 あまり安いものは社会人として恥ずかしいとは思うものの、高すぎるものを贈ってもいけません。 同僚への出産祝いは、主に3000円から5000円のものが一般的です。 現金なら5000円を渡すのが無難ですが、贈り物に現金は…と思ったらギフト券などにするといいでしょう。 内祝いは身内などに贈るものですが、今では出産祝いを貰った人に贈るものと認識されている場合があります。 なので、気になるときは最低でも半額でお返しが贈れる程度の金額にするといいでしょう。

現金で渡す同僚への出産祝い

出産祝いを現金で渡す場合に必要なのが祝儀袋なのですが、この祝儀袋もなかなかの難敵です。 5000円の出産祝いなら、どんなもの祝儀袋を選べばいいのでしょうか。 基本は白で水引は5本1束の蝶結び、10000万円以下の出産祝いなら200円から300円のものを選びましょう。 しかし、最近はデザイン性のある袋も増えているので、親しい同僚の場合はカラフルなものを選んだほうが他人行儀すぎなくていいかもしれませんね。

出典:楽天

これから使うことが多くなるガーゼハンカチがご祝儀袋になった、ちょっとおしゃれで実用的なご祝儀袋です。 代筆無料のサービスをしているので、筆ペンが苦手な人でも美しいご祝儀袋が渡せます。

出典:楽天

もっとも間違いのないご祝儀袋です。 どんなご祝儀袋にするか迷ったら、最もフォーマルなものを贈れば心配ありません。

個人で渡す同僚への出産祝い

個人で出産祝いを渡す場合には、3000円から5000円のものを贈るのが一般的です。 このときに注意したいのは、ひとつあれば十分なものを贈らないということです。 出産祝いは多くの人がほぼ同時期に贈りものをするので、かぶる可能性を考えて贈らなければいけません。 何がいいかわからないときには、いくつあっても足りないものを贈るとがっかりされることはないでしょう。

出産お祝いセット【スタイ1枚】

スタイ

出産お祝いセット【スタイ1枚】

¥4,158(税込)

商品詳細へ

赤ちゃんは色々なことで服などを汚すものです。 スタイならたくさんあっても困らないので、迷ったときにおすすめの出産祝いです。

出典:楽天

仲のいい同僚なら、好みを聞いて名前入りのバスタオルを贈っても喜ばれます。 元気に動く赤ちゃんも、くるんでしまえばしっかり拭けます。

連名で渡す同僚への出産祝い

同僚の出産祝いとなると、部署やチームのメンバーでお金を出し合って渡す場合も考えられます。 または、少し高額な出産祝いを贈りたいと考えているときも、数人で出し合うことが多いようです。 その時の相場としては1人3000円程度を目安にするといいでしょう。 もちろん、内容もギフトセットやギフトカタログなど、1人で同僚に渡すには手を出しにくいものを渡すことが大切です。

出産お祝いセット【スタイ1枚+おくるみ・ガーゼケット+コンビ肌着】

おくるみ

出産お祝いセット【スタイ1枚+おくるみ・ガーゼケット+コンビ肌着】

¥10,800(税込)

商品詳細へ

赤ちゃんに必要なものが入っているセットは、何を贈ったらいいかわからないときに便利です。 同僚が出産準備に入って忙しくなってしまったときなどは、セットを贈るといいでしょう。

出典:楽天

一緒に贈る同僚が多いなら、思い切って大きな出産祝いを贈るのもいいでしょう。 スタンダードなおむつケーキは、使えるものばかりなので外れはありません。

まとめ

同僚に渡す出産祝いの方向性は決まったでしょうか。 プレゼントを贈るにしても現金で贈るにしても、気をつけなければいけないポイントがあります。 現金を贈る場合には5000円が無難で、基本は白の祝儀袋に水引は5本1束、表書は「御祝」または「御出産御祝」などにして4文字になることを避けると間違いはありません。 プレゼントを贈る場合には、個人なら3000円から5000円を、連名なら1人3000円を目安に考えるといいでしょう。 親しい同僚ならご祝儀袋をカラフルなものにするなどのカジュアルさはあってもいいですが、親しき仲にも礼儀ありを心がけて最低限のマナーは守るようにしましょう。 最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

出産祝いに関連する他の特集