今なら新規会員登録で

¥300OFF

COUPON PRESENT!

07月31日まで

ディオールのアイシャドウで目元をさらに華やかにしませんか?

ディオールのアイシャドウがテーマの特集記事です。この記事では、必ず相手が喜んでくれるプレゼントをTANP編集部がピックアップしました。ディオールのアイシャドウを、モノ・グロス・サンク クルールにわけて紹介していきますので、ぜひ最後までご覧ください!

ディオールでオススメしたいアイシャドウ特集!

出典:pixabay

この記事では、必ず相手が喜んでくれるプレゼントをTANP編集部がピックアップしました。 ディオールのアイシャドウを、モノ・グロス・サンククルールにわけて紹介していきますので、ぜひ最後までご覧ください!

ディオールのラメ感ある単色アイシャドウ~ディオールショウ モノ~

出典:pixabay

こちらは単色アイシャドウです。 クリーミィーで洗練されたテクスチャーが心地よささえ生み出すディオールの製品です。

045フューチャリズム 多色ラメの入ったグレー系シャドウ 

出典:pixabay

こちらは多色のラメが入ったグレー系のシャドウです。 グレーですがほぼ色味のないラメ感が目立つシャドウですから、他のシャドウと重ねて楽しむこともできます。 ちなみにピンク系とのアイシャドウと相性がバッチリとのことですから、女子力を高めたいその色味と合わせてプレゼントするのもありですね。

633ミラージュ ピンクとゴールドのラメ

出典:pixabay

こちらは少量でもラメ感がしっかりとまぶたに乗るシャドウです。 ですが色味が強いわけではなく、重ねることでその強みを調節できるので、一塗りだとハイライトとしての役割もできます。 1つ持っておくと様々な用途として使えるので、プレゼントにとてもおすすめのラメですね。

ディオールのツヤ感ある単色アイシャドウ~ディオールショウ モノ グロス~

出典:pixabay

続いて紹介するのはパウダーの中にオイルとラメを閉じ込めた、モノよりもしっとりとした濡れ感のある単色アイシャドウです。

764フュージョン オレンジとゴールド系のラメ

出典:pixabay

まずはくすんだオレンジとゴールド系のラメが混ざったアイシャドウです。 ゴールド系のラメはかなり目立つように配分されているので、ラメ感は強いですね。 ブラウンとの相性も良く、イエローベースの方におすすめのカラーです。 ちなみにオイルが配合されているので、とてもしっとりとしています。 ただ注意点は、指付けだと表面が硬くなってしまうのでブラシで複数回塗るのがおすすめ。 色持ちとラメに特化したシャドウです。

094グラビティー スモーキーなメイクにおすすめのブラックと多色ラメ

出典:pixabay

次におすすめするのは、ぼかすとアイシャドウとして、目の際に細く強めに重ねるとアイラインとしても活躍する使い勝手の良い094番です。 こちらとハイライトだけで、大人な目元が実現するのではないでしょうか。 多色ラメがブラックの暗いイメージを大人の色気へと変えてくれる、大人の上品さを求める方にはおすすめの色味ですね。

ディオールの定番アイシャドウ~サンク クルール~

出典:pixabay

続いてはサンク クルール。 ディオールのアイシャドウの中では、これ一つで生き生きとした目元を実現できるアイシャドウになります。

857ルビー メタリックなラメ感のある華やかなシャドウ

出典:pixabay

まずはじめに紹介するのはサンク クルールの857ルビーです。 鮮やかなルビー色に、パレットを開けた瞬間まずうっとり。 メタリックなラメ感は、華やかで存在感のある目元を叶えてくれます。 華やかなパーティーシーンなどに特に大活躍するアイシャドウですね。

887スリル 青みピンクを基調としたブルーベースにぴったりのカラー

出典:pixabay

こちらは先ほどのアイシャドウと同じくメタリックなラメ感があるディオールのアイシャドウです。 というのも中心のピンクがその鮮やかさを叶えてくれています。 その周りにある4色は、比較的使いやすい色味ですから、ナチュラルに行きたい時は周りの4色でその日のメイクを仕上げるのも良いですね。 粒子が細かくラメよりも細かいパールがあるので、上品な艶のある目元に仕上がります。

ディオールのアイシャドウで気になる色は見つかりましたか?

出典:pixabay

この記事では、必ず相手が喜んでくれるプレゼントをTANP編集部がピックアップしました。 ディオールのアイシャドウを、モノ・グロス・サンククルールにわけて紹介していきましたので、ぜひ参考にしてください! 最後までお読みくださりありがとうございます。

特集に関連する他の特集

×
TANP会員登録のご案内