今なら新規会員登録で

¥300OFF

COUPON PRESENT!

02月29日まで

あなたのマナーは大丈夫?結婚祝いの渡し方まとめ

結婚祝いのマナーある渡し方はご存知でしょうか?関係性別で渡し方のタイミングが異なったり、招待されているか否かで渡すタイミングが異なったりと難しいですよね。今回は結婚祝いの渡し方マナーやタイミングについて紹介します!ぜひ最後までお読みになって、参考にしてください!

結婚祝いのマナーある渡し方とは?

出典:https://pixabay.com/

結婚の報告をされた時、絶対に忘れてはいけないのが結婚祝いです。 結婚される新郎新婦への気持ちを込めて結婚祝いを贈りましょう。 しかし、結婚祝いを準備したのはいいものの、いざとなるとその渡し方やマナーを不安に思う人も少なくないはずです。 結婚祝いを渡すタイミングは?結婚祝いの渡し方はどうしたら良いの?といった疑問を抱いている人も多いですよね。 ここでは、結婚祝いの渡し方のマナーについて調べたものをまとめていきます。

いつ結婚祝いを渡すのがいいの?

出典:https://pixabay.com/

結婚の報告を受け、準備した結婚祝いをいつ渡すのかや、その渡し方は新郎新婦との関係性によって異なります。 関係性別に結婚祝いの渡し方をまとめていきます。

一般ゲストの場合

本来のご祝儀の渡し方は、結婚式までに新郎または新婦の自宅へ行って渡すのが正式でした。 でも現在は結婚式当日に会場に持参することがほとんどとなっています。 友人、知人、会社関係者などの一般のゲストも、結婚式当日に受付でご祝儀を渡すのが一般的です。 結婚式当日は、結婚式(挙式)の後に披露宴という流れが多いですよね。 披露宴が始まる前に受付があり、ゲストはそこでご祝儀を渡します。 挙式と披露宴、両方に出席する場合、挙式の間ご祝儀は袱紗(ふくさ)という布に包んで、男性は上着の内ポケット、女性はバッグに入れておきましょう。 一般ゲストのご祝儀の渡し方は、当日に受付で渡すのが一般的と述べましたが、新郎新婦とよく行き来があり、事前に渡す機会がある場合などは、結婚式より前に新郎新婦に直接渡してもOKです。 その場合は受付のときに、「お祝いは事前に新郎新婦にお渡してありますので」と受付係に伝えれば大丈夫です。

親族の場合

親族の場合のご祝儀の渡し方は、新郎新婦との関係性や、家の慣習にもよりますが、結婚式までに新郎新婦に手渡しすると良いとされています。 特に兄弟姉妹や、普段から交遊のある親しい間柄であれば、直接ご祝儀を渡してお祝いを伝える方が、新郎新婦にも喜んでもらえそうです。 事前に渡すときは、結婚式の直前になると新郎新婦は準備で慌ただしくなってしまうので、遅くとも結婚式の1週間前までには渡すようにしましょう。 お祝いごとなので、できれば「大安(たいあん)」や「友引(ともびき)」など縁起の良いとされる日を選んで渡すと良いと言われています。 ただ、最近は特に縁起を気にしない人も多いので、新郎新婦の都合を優先するようにしましょう。 もし、事前に直接渡せない場合は、式当日に渡します。 当日に渡す場合は、両家の親族紹介のときに、新郎新婦に渡し方を相談しましょう。 主な渡し方は次の3つです。 ・親族紹介のときに新郎新婦に直接渡す ・新郎新婦の両親に預かってもらう ・披露宴の受付で渡す もし、「受付に渡しておいて」と言われたのであれば、新郎新婦の身内として、 「新郎の姉の○○と申します。本日は受付係を引き受けてくださって、ありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。」 というように、受付係に挨拶して渡すと良いですね。

受付を担当する場合

受付を担当する場合、ご祝儀の渡し方に悩みますよね。 受付が始まってしまうと、受付係は次々来るゲストの対応に忙しくなります。 結局、「披露宴が始まってから、自分のご祝儀を渡すのを忘れていたことに気付いた!」なんてことも・・・。 渡し忘れを防ぐためにも、受付を始める前のタイミングで、自分のご祝儀を出しておくとベター。 その際に、住所や名前を書く「芳名帳(ほうめいちょう)」にも記入しておきましょう。 受付係が最初に書いておくことで、次に書くゲストのお手本にもなります。

結婚式に招待されたが欠席する場合

結婚式に招待されたものの、やむを得ず欠席する場合もあります。 そのような場合には、結婚式の1~2カ月前。結婚式の前までに渡しましょう。 ふたりが既に入籍している・していないに関わらず、結婚祝い(ご祝儀含む)を贈るタイミングは結婚式の1~2カ月前がベストです。

結婚式に招待されていない場合

結婚式に招待されていないけれども、結婚祝いを渡す場合には、結婚式が終わって1カ月以内に渡しましょう。 結婚式の前に結婚祝いを贈ってしまうと、新郎新婦が招待していないことを気にしてしまう可能性があります。 結婚式に招待されていない場合の渡し方としては、式後1カ月以内に届くよう手配するのがスマートです。

渡し方の基本!結婚祝いを包む袱紗(ふくさ)とは?

出典:https://pixabay.com/

結婚祝いとセットで準備をしなければいけないのが袱紗です。 結婚式には御祝儀、お葬式には御香典といった金封を包みますよね。 その金封を包んで持ち運ぶために使うのが、袱紗です。 ここでは、袱紗の意味と種類、包み方をご紹介します。

袱紗の意味は?

袱紗で金封を包む理由は、2つあります。 ひとつめは、 「ご祝儀を汚したり、折れ目がつかないようにする」 という理由です。 もうひとつは、 「金封を受けとる相手の気持ちを大切に考え、礼儀を尽くしました」 と示すためです。 理由を考えると、結婚式やお葬式などに、金封をむきだしのまま持っていくのは、マナー違反ということが分かります。 どうしても袱紗が用意できなかった場合は、ハンカチで代用してもOKです。 ただ、目上の人がたくさん出席するような格式高い場なら、袱紗を使ったほうが、きちんと見えて良いかもしれません。 袱紗は何かと使う機会のあるものなので、持っていない人は、用意しておくと安心ですね。

袱紗の種類は?

袱紗には、大きく分けて「包むタイプ」と「挟むタイプ」の2つがあります。 包むタイプには、何もついていない正方形の布のものや、「爪付き袱紗」や「台付き袱紗」があります。 挟むタイプは、「金封袱紗」と言います。 それぞれの特徴を見てみましょう。 ・シンプルな袱紗

出典:https://www.niwaka.com/ksm/radio/wedding/gift-money/how-to/10/

何もついていない正方形の布です。 シルク製で裏地がついているものが多いです。 ・爪付袱紗

出典:https://www.niwaka.com/ksm/radio/wedding/gift-money/how-to/10/

包んだあと包みが開かないように、布を留めておくための爪がついています。 ・台付き袱紗

出典:https://www.niwaka.com/ksm/radio/wedding/gift-money/how-to/10/

金封をのせるための台がついています。 台の四隅には、金封を台に固定するためのゴムや紐などがついているものもあります。 台があることで、金封がずれたり、型崩れしにくいのが特徴。 爪付き袱紗と同じように、布に爪がついているものが多いようです。 ・金封袱紗

出典:https://www.niwaka.com/ksm/radio/wedding/gift-money/how-to/10/

長財布のような形をしていて、金封を挟み込むようにして使うタイプの袱紗です。 包む必要がないので、扱いやすいのが特徴です。 袱紗は、もともと貴重品を収める箱の上に、ほこりや汚れ防止のために風呂敷のような布をかけていたことが由来。 ですので、より正式なのは一枚布で包むタイプの袱紗と言われています。 紹介した4種類の袱紗は、どれを使ってもマナー上問題ありません。 袱紗の使い方に慣れないのであれば挟むタイプを、より正式なものを使いたいのであれば包むタイプを選ぶと良いかもしれませんね。 また、袱紗から出してご祝儀を渡す際の渡し方にも注意しましょう。

結婚祝いの正しい渡し方を知ろう!

出典:https://pixabay.com/

結婚祝いを贈るタイミングや、その渡し方のマナーについてまとめましたが、いかがでしたか。 結婚される新郎新婦に、祝福の気持ちを込めて結婚祝いを贈りましょう。 ぜひ、参考にしてくださいね。

結婚祝いに関連する他の特集

×
TANP会員登録のご案内