今なら新規会員登録で

¥300OFF

COUPON PRESENT!

03月31日まで

重要 新型コロナウイルスの影響に伴う配送遅延の可能性について(2020年3月29日時点)

結婚祝いのお札の入れ方をわかりやすく紹介します!

結婚祝いに渡すご祝儀の入れ方にマナーがあることはご存知ですか?今回は、結婚祝いで渡すご祝儀のマナーやご祝儀袋の包み方、お札の入れ方をわかりやすくご紹介します!マナーを正しく守り、素敵なお祝い日にしましょう!ぜひ最後までお読みになって参考にしてください。

ご祝儀袋のお札入れ方マナー!

出典:https://pixabay.com/

ご祝儀とは「祝儀の際の寸志」、すなわち「結婚式や出産などのお祝いごとに対する、心ばかりの贈り物」のことですよね。 もともとは、人生の節目となるお祝い行事の際に、お世話やお手伝いをしてもらう方々に対して贈る謝礼(心づけ)やチップの意味として使われていました。 現在は、挙式披露宴に参列するゲストが、新郎新婦に結婚のお祝いとして、ご祝儀袋にお金を包んで贈る風習のことを指します。 結婚祝いにご祝儀袋とお金を準備すれば良いだけかと思いきや、その入れ方には実際は細かいマナーがあります。 結婚式や披露宴では、マナーを守った形の「ご祝儀」を渡すのが安心です。 というのも、日本ではマナーを守る人が多いため、入れ方が違ったり、新札を使っていなかったりすると、想像以上に目立つもの。 新郎新婦やそのご家族に悪い印象を与えないためにも、結婚祝いのお金の入れ方のマナーやポイントをしっかり確認して、正しいスタイルで「ご祝儀」を渡しましょう。 ご祝儀袋の包み方はどうしたら良いの?ご祝儀袋へのお金の入れ方は?といった疑問にお応えすべく、ここでは結婚祝いに贈るご祝儀袋とその入れ方について調べてまとめていきます。

ご祝儀のお札の入れ方!

出典:https://pixabay.com/

結婚祝いにご祝儀袋とお金を準備した後、無作為に入れてしまってはいませんか? ご祝儀袋へのお金の入れ方にもマナーがあることをしっかり勉強しておきましょう。 ご祝儀袋の内袋の表とお札の(肖像画が描かれている)表を合わせ、肖像画が最初に出る向きにして入れる入れ方がマナーです。 実際に入れるときは、中袋を裏返して入れることが多いため、最後にもう一度正しい入れ方ができているかチェックしましょう。 市販のご祝儀袋には中包みや封筒式の中袋が付いていて、既に折られていることがほとんどです。 お札を入れたら、もともと折られていたとおりに戻すだけで大丈夫です。 そのため、中袋(中包み)がどのように入っていたか、折られていたかなど忘れないためにも、丁寧に扱いたいですね。

結婚祝いに渡すお札は新札がいいの?

出典:https://pixabay.com/

結婚祝いに用意するご祝儀袋には新札を包みます。 おめでたい席なので、新しいお札を使うほうがお互いに気分がいいというのもありますが「結婚式を心待ちにしていました」という気持ちを表すためにも、新札を用意し、その入れ方にも気を付けましょう。 新札を用意する方法はいくつかあります。 ・銀行で両替 両替時に記入する用紙の備考欄に「新札」と記入します ・郵便局で両替 窓口で「新券に両替してください」と伝えます ・銀行にある両替専用ATM 銀行によっては新札に両替できるATMもあります 新札が用意できなかった場合、結婚式場によっては、フロントで両替に応じてくれるところもあります。 ただし、事前に電話などで確認しておくほうがよいでしょう。 また、直前になって慌てることがないよう、日頃から1万円の新札を3枚ほど保管しておくと、結婚祝いのご祝儀以外でも役立つことがあるかもしれません。 また、新札とは、発行されてから未使用の新券のことで、ピン札とは、使用されているものの折り目のないお札のことを言います。 新札が用意できなかった場合、きれいなピン札を包んでも、さほど気にならないでしょう。 少し波打っている程度なら、布の上からアイロンがけをするというのも一案です。 ただし、焦がさないよう注意し、もちろんご祝儀袋への入れ方もマナーを守って入れましょう。

結婚祝いの包みかたは?

出典:https://pixabay.com/

結婚祝いとしてご祝儀を渡す際の、ご祝儀袋の選び方やご祝儀袋の書き方、また、包み方を紹介します。 お金の向きや入れ方に注意して新札を入れたら、次は包み方に注意して結婚祝いを完成させましょう。

ご祝儀袋の選び方

ご祝儀袋は、「水引(みずひき)」の結び方と色によって、意味が異なるので、買う時に注意が必要です。 結婚祝いに適したご祝儀袋の水引(みずひき)は、“1度きりのお祝い”という意味で、一度結んだらほどけない「結び切り」もしくは「あわじ結び」の結び方のものを選びましょう。 「蝶結び」の水引は、何度でも結び直せることから、結婚のお祝いに使うのは避けましょう。 また、ご祝儀袋は、「包む金額」と「袋の装飾の豪華さ」のバランスを考えることも大切です。 豪華で大きな水引がついたデザインのご祝儀袋に、少額の金額が包まれていると失礼にあたるので、金額が高くなるにつれて、ご祝儀袋の装飾も華やかになることを覚えておきましょう。

結婚祝いの表書きと中袋の書き方

ご祝儀袋には、名前や金額、住所を書く必要がありますが、基本的にボールペンや万年筆の使用はNGです。 必ず筆ペンや毛筆で書きましょう。 また、筆ペンの色は“濃い黒”を使うのがマナーです。 薄墨の筆ペンは、”悲しみの涙で墨が薄れた”という意味合いがあり、お悔みの場所で使われるものなので注意しましょう。 楷書で書くのが望ましいですが、字の上手い下手よりも、気持ちを込めて丁寧に書くことが大切です。 ご祝儀袋の表書きは、名目と贈り主の名前を記載します。 名目は、「寿」「御祝」「御結婚御祝」などを書くのが一般的。 一番格式が高い表書きは「寿」ですので披露宴に出席する際は「寿」を選びましょう。 贈り主の名前は、フルネームを記載します。名目の文字サイズより、少し小さめに書くと、バランス良く仕上がります。 1人で贈る場合は、左右どちらかに偏らないよう、中央にあわせてフルネームを記載すればOK。 夫婦で贈る場合は、夫の名前を中央にフルネームで記載し、その左側に妻の名前(苗字なし)で記載します。 3人以上で贈る場合は、贈り主のなかで格上、年長の方を中央に記載し、右から左に並べて書きます。 また、団体で贈る場合は、代表者の氏名を中央に書き、その左側に「外一同」と書きます。 「外一同」の文字は、代表者と同じか少し小さめにすると良いですね。 その時の贈り主全員の名前は、「奉書紙」もしくは「和紙」に書いてご祝儀袋の中に入れましょう。 紙の中央の上段に「寿」と表書きをし、下段に全員の氏名を書きます。格上、年長の方は右にくるように並べて書きます。 同格の場合は、五十音順に右から左に記載します。 中袋(なかぶくろ)とは、ご祝儀袋の中に入っている「お金を実際に入れる封筒」のことです。 結婚式は結婚祝いが沢山集まるので、誰にいくらいただいたのかを把握するのが大変です。 新郎新婦があとから整理しやすいように、中袋には必ず金額と氏名、住所の3つを記載しましょう。 金額は、中袋の表側中央に縦書きで記載します。そのときの金額の表記は、“漢数字”を使うのがマナー。 「3万円」と数字で書いてしまうのはマナー違反なので注意しましょう。 住所と氏名は、中袋の裏側左下に、縦書きで記載します。住所は、郵便番号や都道府県から記載すると丁寧で良いですね。 また、中袋はとくに糊付けをする必要はないので、そのままご祝儀袋にいれましょう。

結婚祝いの包み方

ご祝儀袋の裏面の折り方にも注意が必要です。 ご祝儀袋の外袋の折り返しは、折り返しの下側が上側に重なるように折ります。 これは「幸せが(落とさず)貯まりますように」という意味があり、お祝い事向きのご祝儀袋の折り方です。 反対に、上側の折り返しを上にしてしまうと、「悲しみが(貯まらず)流れて行きますように」という意味になってしまい、弔事の際に用いられる折り方なので、結婚式のご祝儀の場合は絶対にNGです。

袱紗の上手なたたみ方

結婚祝いを準備したら、ご祝儀袋は、バッグやポケットに入れてそのまま持っていくより、袱紗(ふくさ)に包んで持参するのがスマートです。 持参する途中で水引きが崩れたり、袋がしわになることを防ぐことはもとより、「ご祝儀袋が汚れないように大切に持ってきました」という丁寧な気持ちを表すものです。 袱紗への入れ方は、左・上・下・右の順に、中央に向かって折っていきます。 受付で袱紗を開き、ご祝儀袋の文字が相手から正しく読める向きに整えて渡し、両手で差し出します。 このとき「本日はおめでとうございます」などお祝いの言葉も忘れずに。

結婚祝いにお札の入れ方を正しく贈ろう!

出典:https://pixabay.com/

結婚祝いを準備し、新郎新婦に祝福の気持ちを伝えようと渡しても、そのマナーがなっていなかったら台無しになってしまいます。 ご祝儀袋の選び方や、お金の入れ方、さらにご祝儀袋を袱紗に包む際の入れ方もしっかり学んで、気持ちよく結婚祝いを渡せると良いですね。 ぜひ、参考にして結婚祝いを準備してくださいね。

結婚祝いに関連する他の特集

×
TANP会員登録のご案内